忍者ブログ

亀のように上り蝶のように下る

自転車や毎日の出来事を書いています(^_^)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夢枕獏の神々の山嶺


夢枕獏の神々の山嶺を読み終えました。
本当は早起きして仕事をしようと思っていたのですが、面白くてついつい最後まで読んでしまいました。(^^;

なぜ山に登るのかと聞かれたときに「そこに(山が)あるから」といったのはマロリーの言葉ですが、そのマロリーの死の謎が、その時持っていたカメラに入っているフイルムを現像すれば、マロリーがエベレストに登頂したかどうかが分かるということから、そのカメラが街で、発見されてるというストーリーを思いついてそれを話の核にして、書き始まったということです。

新田次郎の小説の中の山男たちもそうですが、山に魅せられて学生の頃は夢中になって山しかない生活を送るけれども、それが社会人になって生活があると、生活に縛られて山に行かなくなるものと、生活よりも山をとるものがいるという話だよね。

私は山登りはやりませんが、本にも書いてあるように山は麻薬のようなものかもしれませんね。

冬山は、死と直面しているのでその緊張感はやはりたまらないのでしょうね。

普段の生活がぬるま湯のように思えてしまうっていうのはわかるような気がします。

山の好きな仲間というと、自転車仲間だとPanaoやリチャードさんがいるよ。

こんな山の景色を見たんだろうなと思いながら読むのも楽しいよね。

トライアスロンをやっている人にどうしてそんなきついことをするのですかと聞かれた時に、「やってみれば解ります」と答えるのに似ているかもしれないですね。

もともとトライアスロンの始まった理由は、三人に集まって、どのスポーツがいちばんきついかという話になり、 1人が水泳、 1人が自転車、 1人がマラソンと言ったのが3つ一緒にやったらどうなるだろうということから始まったらしいです。

私の自転車の競技からトライアスロンのに移ったのは、人と争うよりも自分の限界を試してみたいというのが理由の一つです。

自分の限界を試してみたいというのは、山に通じるものがあるかもしれないね。

トライアスロンを始めた頃、ウェットスーツを作るのに大阪の城本さんのショップに電話しました。
その時に「佐渡であいましょう」と言われて、それで佐渡のトライアスロンに申し込みました。

スイムの時は魚が泳いでいるのが見えてとても気持ちよかったですが、バイクの途中で足の裏がこむら返りになってしまって、ペースダウンしてランに移った時は両足が痛くてびっこもひけなかったです。

でも走っているうちに治ってきて無事完走出来ました。きつかったけれどもほんとやり抜いたという実感はありました。

宿の階段は筋肉痛で這って上あがりましたが。笑

話は戻りますが夢枕獏がこの本を書いたときに出版社の人に「流行作家の椅子が15あるというのを事知ってますか?」と言われたそうだよ
そしてそれがいまひとつ空いているんでしようと言われたそうだよ。

山の作家の新田次郎先生が亡くなった頃で山の話を書いてみませんかという事だったらしいです。

今15日の流行作家というと誰だろうね?
東野圭吾は間違いなくその一人ですよね

夢枕漠の他の本も読んでみたくなりました。
でも図書館には10冊予約してのでそれを読んでから読んでみようかな。(^^)

拍手[0回]

PR

コメント

無題

夢枕獏さんは格闘技にも造詣が深く、
そのためか情景描写はもとより、
肉体描写とでもいいますか、
登場人物の体が動いていくさま、
たとえば歩いているシーン一つとっても、
映像が浮かぶようですよね。
わたしも大好きで、熱心に読んでました。
【2013/06/07 09:18】 NAME[ハコ] WEBLINK[] EDIT[〼]

Re:無題

そうなんですね。ハコちゃんのお勧めは何かな?いろいろ読んでみたいよね。(^^)
【2013/06/08 07:06】

『遥かなる未踏峰』

イギリス人作家Jeffrey Archerもマロリーについて書いておりますが、最高の小説です。
是非、読んでみて下さい!
私が最初に登山をしたのが、小5で白馬岳です。
20代までは随分登ったのですが、この年齢で再度嵌るとは思っていませんでした・・;
雪山を知ってしまうと、止められません^^v
【2013/06/07 13:25】 NAME[阿部] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

Re:『遥かなる未踏峰』

もともと山ガールだったんだね。笑
ほんと山も面白そうだよね。
雪山も行ってみたいよね。
【2013/06/08 07:07】

夢枕獏

上弦の月を喰べる獅子もお勧めです。
新田次郎ははまったな〜
登山?だったかな....八ヶ岳(赤岳)に登った元気な20代..走って登って、走って降りてきた (^^ゞ(清里の駅近くから歩った記憶が。。。)
晴天で凄く見晴らしが良かったよ。
【2013/06/07 17:25】 NAME[ooigawa] WEBLINK[] EDIT[〼]

Re:夢枕獏

上弦の月を喰べる獅子も面白いんですね。
今度読んでみるね(^^)
新田二郎はほんと良く読んだよね。
【2013/06/08 07:11】

無題

登山は山行形態を問わずオールシーズン入山してました。
下山後の達成感や虚脱感も数知れず。。。しかしロードバイクでは未だにそれらが未経験(笑
先日グランフォンド飯豊に参加しましたが、折返し地点が妙に懐かしく後ろ髪を引かれる様な感じで戻って来ました。
【2013/06/07 20:44】 NAME[Panao] WEBLINK[] EDIT[〼]

Re:無題

後ろ髪が引かれたんですね。確かに魅力的ですよね。
ロードバイクではなかなか難しいですよね。(^^;
私の場合優勝よりも蔵王ステージの時の120%出し切った時ですね。(^^;
【2013/06/08 07:16】

無題

新田次郎作品は初期のもの意外は苦手です、栄光の岩壁までかな。

登山にはプライド的なところが無視出来ない気がします。状況が凄惨さを増す中で、極当然の顔をして、「ここは俺がトップで攀る」って言い切るのは山屋の誇りかと思います。
【2013/06/08 13:06】 NAME[リチャード] WEBLINK[] EDIT[〼]

Re:無題

そうですね。やっぱり何でもプライドは大事ですよね。山の話を聞いてみたいですね。
【2013/06/11 07:55】

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/26 bB]
[11/25 bB]
[11/25 TOY_BOX]
[11/23 俺ちゃん]
[11/22 DDJ]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
ロータス
HP:
性別:
非公開

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

カウンター