忍者ブログ

亀のように上り蝶のように下る

自転車や毎日の出来事を書いています(^_^)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自転車に何故乗るのか?

はなぴーさんの皆様の自転車に乗っている理由って何ですか?
と言う質問の私の場合です。

自転車15歳から乗っているので約40年乗っています。
まあ乗っているというのは一応ツーリングに出かけるようになってからと言うことです。

中学生の時に裏磐梯の秋元湖で自転車でキャンプに来ている大学生に刺激され、親の許可が出る高校生になって一人で金華山までいったのが最初

それから、大きな休みのたびに房総を一周したりその時に食堂のおばさんがあまりの砂埃にサングラスを頂いたりしました。

東北を廻った時は、5泊のうち3泊は知らない人が泊めてくれました。(^_^;

三年の時のは、その頃流行っていたロングランに刺激されて、小岩井牧場から大甕までノンストップを結構
大雨にたたられて、自宅までしたたどり着けませんでした。

自転車は今の磯原のネモトさんの本店があった水戸の店で中古の山王のロードを買いました。最初に乗ったときは、皆さんが初めて乗ったときと同じように軽いでした。

ノンストップですが、今考えれば天気予報も見てなかったのかなんて思いますが
大甕までたどり着けなかった原因の一つは盛岡の八坂神社で道を聞いて知り合った女子高生と4時間も話して事ですね(^_^;

その夏にはリベンジでこちらから盛岡を目指しました。(^^)v

大学に入ってからは、設計事務所に就職したら自転車を乗る暇は無くなると思い、毎週のように走って居ました。
特に仙台から松島は週末の散歩コースです

大学で酒飲みのクラブが嫌で、街中の自転車の山口屋さんが拠点の仙台ロードマンクラブに入りました。
山口屋さんで3年バイトしていましたから(^_^)

本州を分けて学生の頃沢山走りました。
その頃は、ランドナーが主流でケルビムとか多かったです。
東京に行ったときにパスハンターなど作っているアルプスにも寄ったりしました。
自転車のフレームも自分で設計してオーダーしたりしました。

その頃の雑誌はニューサイクリングが全盛でトウエイなどこったフレームが人気でスポルティフなども乗っていました。
バイトしていた山口屋さんがブリジストンに顔が利くのでグランベローのランドナーを作ってもらいました。(^_^)

信州で、遭難し掛かったり、銀行の前で野宿してパトカーが来たり、小学校の門の前で寝袋だけで野宿とかいろいろやりました。(^_^)

白山スーパー林道という自動車道を夜中に越えて見つかったりと無茶もしましたよ。
でも、怒った後親切にキャンプ場を教えてくれたり、人の温かさに常に触れていました。

水を貰いに言って、「まあ上がって」と言われビールをご馳走になって赤飯までごちそうになったり、包丁を借りにいって台所を貸してくれて鍋も丼もかりてラーメンを食べたりと、いろいろなところでお世話になりました。

倉敷では、喫茶店でいつのまにか隣に座った女性が、私たちのコーヒー代を払っていってくれたりと、優しさに沢山触れました。

話は前後しますが、昔付き合っていた彼女も自転車に乗っていましたよ。ミキストのランドナーです。私はカワムラのランドナーでした。
雪の花園を一緒に走ったりして居ましたよ(^_^)

妹たちには人気の彼女でした(^_^;
一度別れたけどまた大学の時に一緒に軽井沢、飛騨高山、郡上八幡など行きましたよ。
飛騨高山に行ったときは、大雨で安房峠が越えられず野麦峠を土砂崩れを越えながらお助け小屋まで行きましたよ。
その日はそこで泊めて貰って次の日高山へ・・・
高山からまた山を越えて白川郷、郡上八幡と行きました。(^_^)
郡上八幡に向かう途中で道が落ちていたりして落ちそうになったことも(^_^;

大学の時は、二年になる春休みに出席番号が次の友達と京都奈良を年地区の勉強を兼ねて自転車で輪行して行きました。
今はあまりメジャーで無いユースに泊まりましたよ。(^_^)
その友達とは大学時代いつも一緒に走って居ました。

印象的なのは東北を5人で廻ったことですね(^_^)
ロードでも砂利道をがんがん走ってタイヤはパンクするしユースに泊まればみんなご飯を御膳くらい食べるので、一度ご飯をよそる役になったら自分が食べる暇がありません。
ユースの人も余ったおひつはみんなあそこに持っていくようにと他の人に言っているし(^_^;
塩分が不足するので塩をかけて食べていました。
身体が塩分を要求しているのです

男鹿半島では、道を間違えたメンバーは怒るし(^_^;
お風呂で小学生とは仲良くなるし
尾花沢ではスイカを食べられなかった友達はスイカを食べないと仙台に抜ける関山峠をこえられないとだだをこねるしね(^_^;
懐かしいです。

東北の林道も随分走りました。
その当時高校生だったT君は林道は初めて、ロードマンでは流石にきつくその後ランドナーを作りました。
今は教授になった友達と三人でよく山に入ったものです。(^_^)

眠くなってきたので続きはまた(^_^;

拍手[1回]

PR

コメント

無題

中原様、何だかはなぴーのくだらないというか、ビール飲みながら書いた記事に対して、ここまで反応して頂けるとは
びっくりです(@_@;)
次回の楽しみにしていますが、更に詳しく紹介して頂いて10部作なんて希望いたします。

流れ星に願いこめちゃいますね(*^。^*)
【2010/12/16 19:57】 NAME[はなぴー] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

Re:無題

はなぴーさんに喜んで貰えるだけでかきがいがありますね。思い出しながら書き足していますよ。(^_^;
40年自転車乗っていればいろいろ思い出はありますね(^_^)
10部作はともかくいろいろ思い出しながら書いてみますね。(^^)v
【2010/12/16 21:50】

もっと早く

中原さんらしい素晴らしい自転車生活でしたね。
少年期にいい体験をいっぱいされました。
ほんとうらやましいです。

ところで私
今になって思うのは、もっと早く自転車とめぐり合っていれば良かったということ。

正確にいうと、出会いは遅くなかったけれど空白の時間が長すぎたのです。
高校の時、バイトしてカワムラのロードを買い乗っていました。

しかしその後モーターサイクルにどっぷり。
両方乗る選択肢もあったのにと軽い後悔が残ります。
残りの人生、あと何年あるか分かりませんが
常に側にお気に入りの自転車があるような気がしています。
【2010/12/16 20:54】 NAME[ピナ男] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

Re:もっと早く

自転車はほんと私の人生哲学ですね。
自転車で感じたこと教えて貰ったことたくさんあります。
同じ景色を観ても自転車で見える景色は違いますよね
クロモリのデローサを手放したが今考えるととっても悔やまれますよ(^_^;
【2010/12/16 21:54】

自転車とともに

40年余り自転車と付き合ってきたってのがやっぱりすごいですね。
自転車とともに歩んできた人生。
ほとんどの人は免許とったら自転車から離れるのに。
自転車に乗り出した今だからそのすごさが分かります^^
いろんな思い出があるんでしょうね。想像つきません。
40年・・・今からだと私は75超え^^;
がんばれば行けるかな?w
【2010/12/17 08:44】 NAME[PIXY] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

Re:自転車とともに

大丈夫でしょう。いつの間にか40年経ってしまったという感じですよ(^_^;
【2010/12/18 17:05】

無題

中原さん、朝まで飲みましょ。
いっぱいお話が聞きたいです。
70になっても80になってもツーリングしましょう。
【2010/12/18 13:44】 NAME[ちゃりけん] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

Re:無題

飲み会やりたいですね。
みーさんが、泊まりの飲み会を企画していますよ(^_^)
年末年始はどうなんでしょうね(^_^)
【2010/12/18 17:07】

無題

70才とか80才のおじいさんの2人を想像して、笑ってしまいました。

ほんとに、走ってそうだし…
【2010/12/19 13:37】 NAME[まゆまゆ] WEBLINK[] EDIT[〼]

Re:無題

確かに70になっても走って居ますよね(^_^)のんびりなら幾つまでも走れるし走って居た方が若いもんね(^^)vまゆまゆさんも一緒に70になっても走りましょう(^_^)
【2010/12/20 08:15】

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/26 bB]
[11/25 bB]
[11/25 TOY_BOX]
[11/23 俺ちゃん]
[11/22 DDJ]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
ロータス
HP:
性別:
非公開

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

カウンター